一般的に女性に利用されているしみ治療の種類

様々な悩み

しみと一口にいっても、いくつかの種類が存在しています。基本的にどのようなタイプのしみがあるのかチェックしておくと良いでしょう。また、自分のしみがどのタイプに属するかも分かるようになります。

しみタイプ一覧

老人性色素斑

しみと言えば、老人性色素斑と言われるほどポピュラーなタイプです。一般的には30代から40代になると老人性色素斑が増えてくるでしょう。老人性色素斑ができる主な原因として挙げられるのが加齢です。また、年齢を重ねると、増えたり濃くなったりします。

肝斑

頬の高い位置にできるしみが肝斑です。基本的に左右対称にしみが現われるでしょう。目の下よりも下の位置に出現します。老人性色素斑と同じように30代から40代になると現れやすくなるでしょう。美白ケアなどでは改善しにくいしみの一つです。

脂漏性角化症

30代以上になると増えてくるのが脂漏性角化症です。一般的なしみとは違い、少し膨らんでイボのようになるのが特徴でしょう。しこりのようになることもあります。また、顔以外の部位にも発症することで知られており、背中や手などにも脂漏性角化症が現れるでしょう。

色素沈着

皮膚に炎症が起きた後に色素沈着を起こすと、しみのようになってしまいます。ニキビや虫刺され、火傷や切り傷など、色素沈着が起こる原因は様々です。一般的に自然消滅することが多いですが、場合によってはいつまでも消えずに残ってしまうこともあります。

一般的に女性に利用されているしみ治療の種類

婦人

レーザーによる治療

東京ではしみ治療といえば、レーザー治療が有名です。レーザー機器によっては、今までは治療が難しいとされてきた肝斑も除去することができます。基本的にほとんどのしみ治療に効果を発揮してくれるでしょう。しみだけではなく、レーザー治療を施すことで毛穴の開きも改善できます。

光や高周波による治療

レーザー治療以外では、光や高周波を用いてしみ治療を施すことができます。薄いしみにも高い効果を発揮してくれるので、若い女性からも人気です。また、肌の働きを促進させることができるので、アンチエイジング効果も期待できるでしょう。ダウンタイムもほぼないと言われています。

自分に合った治療を

基本的にしみ治療の方法には、様々な種類のものがあります。そして、最も大切になることが、自分に合った治療を選ぶことです。しみの状態や治療方法の特徴を踏まえながら選んでみましょう。

広告募集中